障害福祉制度の説明

身体障害者手帳

身体に一定の障害がある人が、各種の福祉サービスを受けるために必要な手帳です。障害の種類と程度によって、1級から6級まで区分されています。

療育手帳

知的障害のある方が各種の福祉サービスを受けやすくするために必要な手帳です。障害の程度によって、A1(最重度)、A2(重度)、B1(中度)、B2(軽度)の4段階に区分されています。

精神障害者保健福祉手帳

一定の精神障害の状態にある方が、各種の福祉サービスを受けやすくするために創設されました。手帳は、障害の程度によって1級から3級まで区分されています。

各種手当

精神または身体に著しい障害があるため、日常生活において常時介護の必要がある方を対象に支給されます。

  • 障害児福祉手当(20歳未満)
  • 特別障害者手当(20歳以上)

各種助成制度

  • 更生医療の給付(自立支援医療)
    障害を軽減したり、機能回復させたりするための医療を、指定自立支援医療機関で受けることができます。世帯の所得状況に応じて、ひと月当たりの負担上限額が設定されます。

    障害名 主な治療内容
    視覚障害 角膜移植術・網膜剥離に対する手術
    聴覚・平衡機能障害 鼓室形成術・人工内耳埋め込み術
    音声・言語・咀嚼(そしゃく)機能障害 唇顎口蓋烈の歯科矯正・術語言語療法
    肢体不自由 人工関節置換術・麻痺に対する理学療法
    心臓機能障害 ペースメーカー植込術・弁形成術・A-Cバイパス術・心臓移植後の抗免疫療法
    腎臓機能障害 慢性透析療法・腎臓移植術・腎臓移植後の抗免疫療法
    小腸機能障害 中心静脈栄養法
    肝臓機能障害 肝臓移植術・肝臓移植後の抗免疫療法
    免疫機能障害 HIV感染に対する療法

    申請に必要なもの

    1. 更生医療支給認定申請書
    2. 更生医療医師意見書
    3. 身体障害者手帳
    4. 世帯全員の名前が記載された被保険者証の写し(※世帯の範囲は同じ医療保険に加入している家族)
    5. 世帯の所得状況の分かる書類
    6. 特定疾病療養受給者証(腎臓機能障害による人工透析を受ける場合)
    7. 印鑑
    8. 個人番号カードもしくは番号通知カードなどマイナンバーの確認ができるものと,身元確認ができるもの(運転免許証等顔写真付きのものは1点,公的医療保険の被保険者証,年金手帳等顔写真なしのものは2点)
      更生医療支給認定申請書(Excel形式/46KB)
      更生医療医師意見書(Word形式/27KB)
  • 育成医療の給付(自立支援医療)
    18歳未満の方で、身体に障害があるか、そのまま放置すると将来障害を残すと認められる疾病の医療費を助成します。指定自立支援医療機関で受けることができます。世帯の所得状況に応じて、ひと月当たりの負担上限額が設定されます。
    (1)育成医療の対象となる障害
    ア.視覚障害によるもの
    イ.聴覚,平衡機能の障害によるもの
    ウ.音声機能,言語機能又はそしゃく機能の障害によるもの
    エ.肢体不自由によるもの
    オ.心臓,肝臓,腎臓,呼吸器,ぼうこう,直腸又は小腸の機能の障害によるもの
    カ.先天性の内臓の機能の障害によるもの(オに掲げるものを除く。)
    キ.ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の障害によるもの
    (2)内臓の機能の障害によるものについては,手術により,将来,生活能力を維持できる状態のものに限ることとし, いわゆる内科的治療のみのものは除くこと。なお,腎臓機能障害に対する人工透析療法,腎移植術後の抗免疫療法,小腸機能障害に対する中心静脈栄養法,及び心臓機能障害に対する心移植術後の抗免疫療法及び肝臓機能障害に対する肝臓移植術後の抗免疫療法については,それらに伴う医療についても対象となる。

    申請に必要なもの

    1. 育成医療支給認定申請書
    2. 育成医療意見書
    3. 世帯全員の名前が記載された被保険者証の写し(※世帯の範囲は同じ医療保険に加入している家族)
    4. 世帯の所得状況の分かる書類
    5. 印鑑
    6. 個人番号カードもしくは番号通知カードなどマイナンバーの確認ができるものと,身元確認ができるもの(運転免許証等顔写真付きのものは1点,公的医療保険の被保険者証,年金手帳等顔写真なしのものは2点)
      育成医療申請書(rtf形式/143KB)
      育成医療意見書(Excel形式/36KB)
  • 精神通院医療の給付(自立支援医療)
    精神疾患の治療のために医療機関に通院している人を対象に医療費を助成します。指定自立支援医療機関で受けることが出来ます。世帯の所得状況に応じて、ひと月当たりの負担上限額が設定されます。

    申請に必要なもの

    1. 自立支援医療(精神通院)申請書
    2. 世帯全員の名前が記載された被保険者証の写し(※世帯の範囲は同じ医療保険に加入している家族)
    3. 医師の診断書
    4. 所得区分等確認のための同意書
    5. 所得確認のための書類等
    6. 個人番号カードもしくは番号通知カードなどマイナンバーの確認ができるものと,身元確認ができるもの(運転免許証等顔写真付きのものは1点,公的医療保険の被保険者証,年金手帳等顔写真なしのものは2点)
  • 補装具の給付
    身体障害者手帳をお持ちの方に、補装具(義肢、装具、車いすなどの、障害者の身体機能を補完・代替し、かつ、長期間にわたって継続して使用されるもの)の購入または修理にかかる費用の一部を助成します。原則として、補装具の購入または修理にかかる費用の1割は利用者負担になりますが、世帯の所得状況に応じて利用者負担上限額が設定されます。購入または修理後の申請は給付対象となりませんので事前に申請してください。
    補装具費支給申請書(18歳未満用)(Word形式/23KB)
    補装具費支給申請書(18歳以上用)(Word形式/38KB)
    補装具費支給医師意見書(18歳未満用)(Rtf形式/63KB)
    評価票(医療専門職作成)(Word形式/32KB)
    視覚障害者用補装具費支給医師意見書(Excel形式/52KB)
    補聴器用医師意見書(Excel形式/43KB)
  • 日常生活用具の給付
    障害がある方の日常生活の利便を図るために、住宅の障害のある方を対象に日常生活用具の給付を行います。原則として、日常生活用具の購入にかかる費用の1割は利用者負担になりますが、世帯の所得状況に応じて利用者負担上限額が設定されます。購入後の申請は給付対象となりませんので事前に申請してください。また、修理は対象となりません。
    ※日常生活用具給付品目一覧(rtf形式/279KB)
    日常生活用具給付申請書(rtf形式/90KB)
    日常生活用具についての意見書(rtf形式/56KB)
    日常生活用具についての意見書(紙おむつ等)(rtf形式/76KB)
  • タクシー・ガソリンの助成
    身体障害者手帳の交付を受けている方で、視覚障害、下肢障害、体幹障害の障害等級が1級から3級までの方、又は上肢障害、内部障害の障害等級が1級の方、療育手帳A1、A2、精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方の交通費の一部をチケット方式によって助成します。
    タクシーチケット…1枚500円で年間30枚
    ガソリンチケット…1枚500円で年間30枚
  • 税金・交通・公共料金の助成、減免
    障害程度に応じて税金、交通、公共料金の助成、減免が受けられます。

    • 公共料金(NHK受信料・点字郵便物)
    • 運転免許取得費用の助成
    • 自動車改造費用の助成
    • 有料道路通行料金の割引
    • 旅客、航空、電車、バス運賃の割引
    • 県立施設の入場料(使用料)の免除
    • 特別駐車許可
    • 税金の控除、免除など
  • 住宅改造支援事業
    身体障害者手帳1級または2級の交付を受けている方が住んでいる住宅について、身体の状況に応じて改造を行うための経費の一部を助成します。ただし、世帯の生計中心者の前年の所得税額が30万円以上の世帯は対象となりません。
    住宅改造支援事業費補助金交付申請書(rtf形式/63KB)
    住宅改造の承諾書(賃貸用)(rtf形式/67KB)
    住宅改造の承諾書(自宅用)(rtf形式/44KB)
  • 心身障害者扶養共済制度
    心身障害者を扶養する65歳未満の保護者(病気や障害のない方)が加入でき、万一保護者が死亡または重度障害になった場合、障害者に一定額の年金が支給される制度です。
  • 心身障害児福祉年金
    20歳未満の知的障害児、身体障害児及び精神障害児の保護者で申請による認定を受けた方に対して支給されます。
    いの町心身障害児福祉年金受給申請書(word形式/19KB)
    いの町心身障害児福祉年金 住所・氏名 変更届(word形式/16KB)
    いの町心身障害児福祉年金受給資格喪失届(word形式/17KB)
  • 障害者相談支援事業
    障害のある人やその家族のさまざまな相談に応じ、必要な情報の提供や助言を行います。また、障害のある人等に対する虐待の防止や早期発見のための関係機関との連絡調整、権利擁護のための必要な援助を行います。
  • 移動支援事業
    屋外での移動が困難な障害者等について、地域における自立生活及び社会参加を促すことを目的として、外出のための支援を行います。利用については、ほけん福祉課へ相談していただき、申請してください。
    いの町移動支援事業支給申請書兼負担上限月額認定等申請書(rtf形式/44KB)
    収入等申告書(Excel形式/60KB)
    収入等申告書(障害児対象)(Excel形式/58KB)
  • 日中一時支援事業
    障害のある方等の日中における活動の場を確保し、その家族の就労支援及び障害のある方等を日常的に介護している家族の一時的な休息を目的として、一時的に見守り等の支援を行います。利用については、ほけん福祉課へ相談していただき、申請してください。
    いの町日中一時支援事業支給申請書兼負担上限月額認定等申請書(rtf形式/125KB)
    収入等申告書(Excel形式/60KB)
    収入等申告書(障害児対象)(Excel形式/58KB)

障害者総合支援法による障害福祉サービス

  • 訪問系サービス
    自宅での暮らしを支援するサービス

    サービス名 サービス内容 給付の種類
    居宅介護
    (ホームヘルプ)
    自宅で入浴、排せつ、食事の介護等を行います。 介護給付
    重度訪問介護 重度の肢体不自由者又は重度の知的障害若しくは精神障害により行動上著しい困難を有する方であって、常に介護を必要とする方に、自宅で入浴、排泄、食事の介護、外出時における移動支援等を総合的に行います。 介護給付
    重度障害者等
    包括支援
    介護の必要性がとても高い方に、居宅介護等複数のサービスを包括的に行います。 介護給付

    ○外出を支援するサービス

    サービス名 サービス内容 給付の種類
    同行援護 視覚障害により、移動に著しい困難を有する方に、外出時に同行し、移動に必要な情報を提供(代筆・代読を含む)、移動の援護等の外出援助を行います。 介護給付
    行動援護 自己判断力が制限されている方が行動するときに、危険を回避するために必要な支援、外出支援を行います。 介護給付

    ○介護する家族などを支援するサービス

    サービス名 サービス内容 給付の種類
    短期入所
    (ショートステイ)
    自宅で介護する方が病気の場合等に、短期間、夜間も含め施設で、入浴、排泄、食事の介護等を行います。 介護給付
  • 訪問系サービス
    ○昼間の活動を支援するサービス

    サービス名 サービス内容 給付の種類
    療養介護 医療及び常時の介護を必要とする方に、医療機関で機能訓練、療養上の管理、看護、介護及び日常生活の支援を行います。 介護給付
    生活介護 常時の介護を必要とする方に、昼間、入浴、排泄、食事等の介護を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します。 介護給付

    ○自立や就労を支援するサービス

    サービス名 サービス内容 給付の種類
    自立訓練(機能訓練・生活訓練) 自立した日常生活や社会生活ができるよう、一定期間、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練を行います。 訓練等給付
    就労移行支援 一般企業等への就労ができるよう、一定期間、就労に必要な知識や能力の向上のために必要な訓練を行います。 訓練等給付
    就労継続支援
    (A型=雇用型、B型=非雇用型)
    一般企業等での就労が困難な方に働く場を提供するとともに、知識や能力の向上のために必要な訓練を行います。 訓練等給付
  • 居住系サービス
    ○住まいの場で生活を支援するサービス

    サービス名 サービス内容 給付の種類
    施設入所支援 障害者支援施設において夜間や休日における入浴、排泄、食事の介護等を行います。 介護給付
    共同生活援助(グループホーム) 夜間や休日、共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います。 訓練等給付
  • 相談支援
    計画相談支援 サービス支給決定時や変更時にサービス等利用計画案を作成するとともに、サービス事業者等との連絡調整を行います。また、定められた期間ごとにサービス等の利用状況の検証(モニタリング)を行い計画の見直しを行います。

児童福祉法による障害児通所サービス

  • 子どもの発達や自立を支援するサービス
    サービス名 サービス内容 給付の種類
    児童発達支援 未就学児を対象に、日常生活における基本的な動作の指導、知識・技能の付与、集団生活への適応訓練等を行います。 障害児通所支援
    医療型児童発達支援 未就学児を対象に、日常生活における基本的な動作の指導・知識・技能の付与、集団生活への適応訓練に加えて、治療を行います。 障害児通所支援
    放課後等デイサービス 就学児を対象に、放課後や夏休み等の長期休暇中に、生活能力向上のための訓練や居場所の提供を行います。 障害児通所支援
    保育所等訪問支援 障害児が通う保育所や幼稚園等へ出向き、本人や訪問先施設のスタッフに対して、集団生活の適応支援を行います。 障害児通所支援
  • 相談支援
    障害児相談支援 サービス支給決定時や変更時にサービス等利用計画案を作成するとともに、サービス事業者等との連絡調整を行います。また、定められた期間ごとにサービス等の利用状況の検証を行い計画の見直しを行います。

障害福祉サービス各種申請書

利用したいサービスについて、ほけん福祉課に相談していただき申請してください。

障害児通所サービス各種申請書

利用したいサービスについて、ほけん福祉課に相談していただき申請してください。


このページを印刷する
前のページ戻る

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

本庁:ほけん福祉課(すこやかセンター伊野内)
吾北総合支所:住民福祉課
本川総合支所:住民福祉課

開庁日は、月曜日から金曜日(祝日および12月29日から1月3日を除く)です。
お電話でのお問い合わせは、午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。