消防団協力事業所制度

1.「消防団協力事業所制度」とは

消防団員は、人口減少や少子高齢化社会の到来に伴い、全国的に減少傾向にあります。 また、産業や就業構造の変化等によって団員の多くは被雇用者となっています。

このような状況の中で消防団の活性化を図るためには、被雇用者が入団しやすくかつ消防団員として活動しやすい環境の整備が求められ、事業所の消防団活動に対する一層の理解と協力が必要となっています。

このようなことから、町では「消防団協力事業所表示制度」を導入・推進しています。

本制度は、勤務時間中の消防団活動への便宜や従業員の入団促進など、事業所としての消防団への協力が、事業所の社会貢献として広く認められるものです。これにより事業所の信頼性が向上するとともに、団員の入団促進や活動環境の整備、また消防団と事業所等との連携・協力体制が一層強化されることによって、地域における消防・防災体制の充実強化を図ることを目的とした制度です。

2.認定基準

次の各号のいずれかに該当する事業所を、協力事業所として認定しています。

  1. 消防団員である従業員を常時相当数雇用している事業所等
  2. 従業員の消防団活動について積極的に配慮している事業所等
  3. 災害時等に事業所の資機材等を消防団に提供するなど協力をしている事業所等
  4. 従業員による機能別消防分団等を設置している事業所等
  5. その他消防団活動に協力することにより、地域の消防防災体制の充実強化に寄与しているなど、町長が特に優良と認める事業所等

3.消防団協力事業所認定申請方法

下記の様式にご記入の上、申請して下さい。

いの町消防団協力事業所表示申請書(98KB)

4.消防団協力事業所一覧

いの町消防団協力事業所一覧(PDF形式/49KB)


このページを印刷する
前のページ戻る

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

本庁:総務課危機管理室

開庁日は、月曜日から金曜日(祝日および12月29日から1月3日を除く)です。
お電話でのお問い合わせは、午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。