浄化槽設置の補助

令和2年度から、汚水処理の未普及解消につながらない合併処理浄化槽の設置は補助対象外となります。

ただし、災害により故障した浄化槽を更新する場合等は補助対象となります。

生活排水による水質汚濁を防止するために、家庭の雑排水(台所、風呂、洗濯などの排水)と、し尿をあわせて処理する浄化槽を設置される方に、予算の範囲内で補助金を交付しています。

指令前着工(補助金交付決定前の事業着手)または既に設置済みの場合は、補助金交付の対象となりません。

補助対象地域

公共下水道認可区域(ただし、7年以上下水道の整備が見込まれない区域を除く。)
農業集落排水整備区域、天王地区を除く全域

補助対象者

いの町内で、個人住宅に汚水処理未普及解消につながる家庭用浄化槽を設置する方、または災害により故障した家庭用浄化槽の更新を行う方で、申請年度の3月20日までに事業が完了(実績報告書の提出)する方

補助金額

○本体設置工事費

人槽別 補助額(基準額,上限※)
5人槽(延べ床面積130㎡以下) 332,000円
6~7人槽(延べ床面積130㎡超) 414,000円
8~10人槽(二世帯住宅) 548,000円
  • 合併処理浄化槽の設置と、これに伴い必要となる単独処理浄化槽の撤去に要する費用の合計が表の補助額を超える場合には、補助額に9万円を上限に加算します。

〇宅内配管工事費(既設の住宅等に設置された単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換を行う場合)

対象工事部分 補助額(基準額,上限)
  • 浄化槽への流入管(便所、台所、洗面所、風呂等からの排水)
  • ます及び放流管(住居の敷地に隣接する側溝までの放流管)
300,000円
  • 家屋の増改築に伴う単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換は宅内配管工事費の補助対象外となります(合併浄化槽の設置と単独処理浄化槽の撤去については従来通り補助対象となります)。ただし水廻りのみのリフォームと併せて実施する場合は宅内配管工事費の補助対象となります。
  • 汲み取り便槽からの転換は、宅内配管工事費の補助対象外となります。
  • 本体設置工事費(単独処理浄化槽撤去費用を含む)と宅内配管工事費は別々に算定し、それぞれの基準額(上限)の範囲内で補助を行います。

申請方法

申請の手続きは次のとおりです。浄化槽の設置工事は、「浄化槽設備士」の資格を持つ業者に依頼してください。

浄化槽設置届出書の提出(申請者から保健所へ)

補助金交付申請書の提出(申請者から町へ)

補助金交付決定通知(町から申請者へ)

浄化槽の設置工事

実績報告書の提出(申請者から町へ)

町による完了検査

補助金交付額確定通知(町から申請者へ)

補助金交付請求書の提出(申請者から町へ)

補助金の交付(町から口座振込します)

 

浄化槽設置整備事業補助金申請書(rtf形式)

浄化槽設置整備事業変更等(廃止)承認申請書(rtf形式)

浄化槽設置整備事業実績報告書(rtf形式)

浄化槽に関する情報(※高知県ホームページにリンク)


このページを印刷する
前のページ戻る

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

本庁:上下水道課 下水道係

開庁日は、月曜日から金曜日(祝日および12月29日から1月3日を除く)です。
お電話でのお問い合わせは、午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。