最終更新日:2017年10月5日

子育て日記

【ボランティア】 ~高知県立大学社会福祉学部 1年生~
日時:平成25年8月21日 10:00~16:00

< 参加者の声 >= 行事の感想などをご紹介 =
  • 小さい子どもたちと接することがあまりなかったので、最初は緊張が大きかったです。子どもとどう接すればいいのか、どうしたら安心して遊んでもらえるか、分からないことばかりで、内心かなり戸惑っていました。ですが、畠山さんをはじめ、先生方、保護者の方に声をかけて頂き、子どもたちと接して癒されるうちに、少しして接することができるようになりました。アドバイスを頂いたり接していく中で、【子どものそばにいてあげること、目を見て笑ったり話しかけること】が子どもにとって、すごく安心できることで、大事なことだなと感じました。でも、まだまだ分からないことばかりで、子どもたちの表情や様子から気持ちを読み取るのも意外と難しいなと思いました。1日しか接していないけど、子どもとかかわるのは不安もたくさんあるなと感じたので、『これから子どもとかかわっていく母親の方たちは、もっといろんな思いを抱えてらっしゃるんだろうな』と思いました。楽しいだけというわけにはいかないけれど、やっぱり子どもの笑顔を見ると癒されて、頑張ろうという気持ちになれました。役には立てませんでしたが、先生方、子どもたちに元気を頂いていろんなことを感じられました。ありがとうございました。また、機会があれば友達も誘って参加します。

ぐりぐらひろばでは、みなさんから子育てに関する奮闘記、親ばか日記、エピソードや体験談などを募集しています。詳しくは、ぐりぐらひろば(088-892-3151)までお問合せください。