病院案内  

医師の紹介 施設のご案内 院内各種委員会

院内各種委員会

医療安全委員会

医療事故の予防、再発防止対策ならびに発生時の適切な対応など、仁淀病院における医療安全体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とした委員会です。
月1回の定例会において、各部署から提出されたインシデント・アクシデント報告書の分析・評価を行い、適切な自己予防策ならびに再発防止策を立案・実施しています。また、医療安全に関する職員研修会を実施し、医療安全に関する具体的な方策を周知徹底しています。

感染症対策委員会

院内感染の防止ならびに適切案防止策を含めた、感染対策を実施する体制の整備を図り、チーム医療で感染対策に関する評価を行って、必要な対策を実施することを目的とした委員会です。

委員会の役割として、次のような活動を行っています。
(1)院内感染の調査と予防対策に関する審議
(2)職員への教育、啓蒙の計画を策定し、その実施
(3)その他、感染症情報に関連した院内感染防止策の検討などの審議
(4)院内感染症対策マニュアルの作成・適宜見直しと、その周知徹底・遵守への教育・啓蒙活動

委員会のメンバーは、医師・看護師・臨床検査技師などで構成され、感染症対策委員会として活動しています。具体的な活動は、月1回の定例会において、感染対策に関する検討や提言を行い、院長の諮問機関としての役割もとっています。

いの町立国民健康保険仁淀病院 感染対策指針

1.院内感染対策指針の目的

 この指針は、院内感染の予防・再発防止対策及び集団感染事例発生時の適切な対応などいの町立国民健康保険仁淀病院(以下「当院」という)における院内感染対策体制を確立し、適切かつ安全で質の高い医療サービスの提供を図ることを目的とする。

2.院内感染対策に関する基本的な考え方

(1)院内感染対策に関する基本的考え方

  当院の院内感染対策は、医療機関内においては感染症の患者と感染症に罹患しやすい患者とが同時に存在していることを前提に、手厚い医療的なケアを行う際に必然的に起こりうる患者・職員への感染症の伝播リスクを最小化するとの視点に立ち、全ての患者が感染症を保持し、かつ罹患する危険性を併せ持つと考えて対処する「スタンダードプリコーション」の観点に基づいた医療行為を実践する。あわせて感染経路別予防策を実施する。個別および病院内外の感染症情報を広く共有して院内感染の危険および発生に迅速に対応することを目指す。
 また、院内感染が発生した事例については、速やかに補足、評価して、事例を発生させた感染対策システム上の不備や不十分な点に注目し、その根本原因を究明し、これを改善していく。
 更に、院内感染事例の発生頻度を、院外の諸機関から公表される各種データと比較し、わが国の医療水準を上回る安全性を確保して患者に信頼される医療サービスを提供して、医療の質の向上に寄与することを基本姿勢とする。
 こうした基本姿勢をベースにした院内感染対策活動の必要性、重要性を全部署及び全職員に周知徹底し、院内共通の課題として積極的な取り組みを行う。

(2) 院内感染対策のための委員会 その他の当該病院等の組織に関する基本的事項

 院内感染対策に関する院内全体の問題点を把握し改善策を講じるなど院内感染対策活動の中枢的な役割を担うために、院長及び感染対策委員長直属の感染対策委員会(以下「委員会」)を設置する。

事務分掌は、

1.組織的な感染管理システムに関すること
2.院内感染の監視に関すること
3.職員の感染管理対策に関すること
4.感染管理に関する教育及び啓蒙に関すること
5.職員に対する感染相談に関すること
6.その他感染管理業務に関すること        とする。

(3) 院内感染対策に関する職員研修についての基本方針

 委員会は、全職員対象に講習会を年に2回以上定例開催する。この講習会では院内感染対策に関する教育と実習とを行う。
 委員会は、院外の感染対策を目的とした各種学会、研修会、講習会の開催情報を広く告知し、参加希望者の参加を支援する。

(4) 感染症の発生状況の報告に関する基本方針

 院内感染とは、病院内で治療を受けている患者が、原疾患とは別に新たな感染を受けて発病する場合を指す。なお、病院に勤務する職員が院内で感染する場合も含まれる。
 委員会は、リスク事例の把握、評価、周知、対策、指導を行う。 当院の細菌検査結果から微生物の検出状況を把握し、院内に公示する。

(5)院内感染発生時の対応に関する基本方針

 職員は、院内感染発生を疑われる事例が発生した場合には委員会に通報する。委員会は詳細の把握に努め、必要な場合には専門家の招集を行い、対策に介入する。
 感染症の予防および感染症の患者に対する医療に関する法律に規定される診断及び届出の手続きについて担当医師に助言指導する。
 新感染症、指定感染症などについては、事前に当院としての対応策を策定し、発生に備える。
 同一医療機関内又は同一病棟内で同一菌種(ここでは、原因微生物が多剤耐性菌によるものを想定。以下同じ。)による感染症の集積がみられ、疫学的にアウトブレイクが疑われると判断した場合、当該医療機関は院内感染対策委員会による会議を開催し、1週間以内を目安にアウトブレイクに対する院内感染対策を策定かつ実施する。
  この基準としては、一例目の発見から4週間以内に、同一病棟において新規に同一菌種による感染症の発病症例が計3例以上特定された場合又は同一医療機関内で同一菌株と思われる感染症の発病症症例(抗菌薬感受性パターンが類似した症例等)が計3例以上特定された場合を基本とする。ただし、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌(VRSA)、多剤耐性緑膿菌(MDRP)、,バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)、多剤耐性アシネトバクター属の5種類の多剤耐性菌については、保菌も含めて1例目の発見をもって、アウトブレイクに準じて厳重な感染対策を実施する。
 アウトブレイクに対する感染対策を実施した後、新たな感染症の発症症例(上記の5種類の多剤耐性菌は保菌を含む)を認めた場合には、院内感染対策に不備がある可能性があると判断し、速やかに通常時から協力関係にある医療機関の専門家に感染拡大の防止に向けた依頼をする。
  医療機関内での院内感染対策を実施した後、同一医療機関内で同一菌種の細菌又は共通する薬剤耐性遺伝子を含有するプラスミドを有すると考えられる細菌による感染症の発症症例(上記の5種類の多剤耐性菌は保菌者を含む)が多数に上る場合(目安として1事例につき10名以上となった場合)または当該院内感染事案との因果関係が否定できない死亡者が確認された場合には、管轄する保健所に速やかに報告する。また、このような場合に至らない時点においても、医療機関の判断の下、必要に応じて保健所に報告または相談する。
 なお、腸内細菌科では同一医療機関内でカルバペネム耐性遺伝子がプラスミドを介して複数の菌種に伝播することがある。カルバペネム系薬剤耐性は広域β―ラクタム系薬剤に耐性の腸内細菌科細菌が複数分離されている場合には、菌種が異なっていてもCREの可能性を考慮する。また、保健所の報告とは別に、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、バンコマイシン耐性腸球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症及びカルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症については、感染症の定めるところにより、届出を行う。

(6)患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

  院内において本指針は、全職員が閲覧できる。また、病院ホームページにおいて一般に公開する。

(7) 院内感染対策推進のために必要な基本方針

  職員に当院の院内感染対策を周知するため、委員会が別に定めた医療感染対策マニュアルを院内ファイルにて閲覧しているので、職員はマニュアルに基づいて感染対策を実施する。
 職員は、「院内針刺し等事故マニュアル」を含めた感染対策についての詳細を、同マニュアルにて参照できる。感染対策上の疑義が解消できない場合は、委員会が回答する。

附則  この指針は平成19年7月10日から施行する。
附則  この指針は平成23年10月15日から施行する。
附則  この指針は平成28年5月1日から施行する。


褥瘡対策委員会

褥瘡の発生予防ならびに適切な処置を含めた、褥瘡対策を実施する体制の整備を図り、チーム医療で褥瘡に関する評価を行って、必要な対策を実施することを目的とした委員会です。

委員会の役割として、次のような活動を行っています。
(1)褥瘡対策に関する診療計画書を作成し、その計画を実施するための環境の整備
(2)褥瘡対策に関する具体的な評価・計画について、必要時にマニュアルの作成
(3)褥瘡についての評価および褥瘡局所のケア選択基準の設定
(4)具体的な褥瘡対策の検討と方針の決定、ならびに褥瘡対策に関する院内環境の整備
(5)褥瘡対策に必要な体圧分散寝具の適切な選択と使用する体制の整備

委員会のメンバーは、医師・看護師・管理栄養士などで構成され、褥瘡対策チームとして活動しています。具体的な活動は、月1回の定例会の開催および週1回の褥瘡回診の実施で、褥瘡対策に関する具体的な検討や提言を行っています。さられ定例会には症例検討を行うと共に各部署を回り、状況の把握と適切な対策等が実施されるようにチーム員と共に指導を行っています。

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム(NST)とは、医師や看護師、管理栄養士、薬剤師、検査技師など様々な職種がそれぞれの知識を持ち寄り、患者様の栄養状態のよりよい管理を通して、元気になっていただくための専門チームのことです。

チームの役割としては下記の通りです。
(1)栄養状態を確認し、栄養管理が必要かどうか判定する。
(2)適切な栄養管理が行われているかどうかチェックする。
(3)各患者様に最もふさわしい栄養管理法を指導・提言する。
(4)栄養管理に伴う合併症を予防・早期発見・治療する。
(5)栄養管理上の疑問に答える。
(6)早期発見や社会復帰を助け、生活の質を向上させる。
(7)」新しい知識・技術の紹介および啓発を行う。

具体的な活動は、週1回チームによる回診とミーティングを開き、患者様の栄養の評価、問題点の検討、適切な方針の検定を行っています。月1回の定例会では、回診での問題事項や症例報告の検討、ショートタイム勉強会を行っています。

嚥下療法チーム

嚥下療法チームは、栄養サポートチームの中のより専門分化したチームとして、食べたり飲み込みに障害のある患者様に対して、評価・計画立案・治療を他職種からなる多角的な視点で行い、その状態の速やかな改善を促す役割を担っています。週1回のカンファレンスと回診、月1回の定例会を開催しながらよりよいサービスの向上を目指しています。

糖尿病専門外来チーム

糖尿病専門外来は、糖尿病専門医が診察し、更に糖尿病療養指導士(看護師・管理栄養士・薬剤師)、臨床検査技師、理学療法士がチームを組み、糖尿病教室や糖尿病公開講座を開催し、外来で個々の患者様に対し、継続して栄養指導を行うとともに、糖尿病料理教室も開催しています。