病院案内   

医師の紹介 施設のご案内 院内各種委員会

医師の紹介

松浦写真


院長
外科 松浦 喜美夫 (まつうら きみお)


 
池内写真
副院長
外科 池内 健二 (いけうち けんじ)
東京慈恵会医科大学から副院長として着任いたしました。専門は消化器外科ですが、外来では総合診療を行います。困ったら何でも相談できる外来と思ってください。患者さん、職員が来てよかったと思える病院を目指してまいります。よろしくお願い申し上げます。
小原写真 放射線科 小原 秀一 (おはら しゅういち)

放射線科専門医・人間ドック認定医・がん検診認定医

すべてのX線撮影画像とCT画像の読影を行い、各科の先生方の画像診断の手助けをしています。また、人間ドック、健診、検診を担当しています。今や予防の時代です。一年に一回、人間ドック、健康診断を受けて、生活習慣を改善し、がん、糖尿病、脂質異常症、高血圧、心臓病などの早期発見、早期治療を目指しましょう。
伊與田写真 内科 伊與田 孝一郎 (いよた こういちろう)
糖尿病、高血圧、脂質異常(高脂血症等)などの生活習慣病を主に専門として診療を行っております。外来では、患者さんが言いたいことが言える、話やすい雰囲気を作り、患者さん自身のお話をよく聴くように心がけています。患者さんの具合が良くなり、感謝の言葉を頂いた時などは医師として嬉しく思います。生活習慣病は自覚症状がないことが多いので、検診等で異常がみつかった方などは早めに来院されることをお勧めします。
沼田写真 内科 沼田 幸子 (ぬまた ゆきこ)
糖尿病専門医として週3日午前中(月・水・木曜日)、糖尿病専門外来を担当しています。つねに、個々の患者様の病状を把握し、最適なオーダーメイドの治療を心がけています。糖尿病専門外来では医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士、臨床検査技師がチームを組み、患者様に糖尿病を理解していただくため、糖尿病教室(毎週水曜日13:00〜14:30)糖尿病公開講座(年1〜2回)を開催しています。患者様には積極的にこれらに参加していただき、私達チームスタッフと共に糖尿病を克服しましょう。 恩師からいただいた色紙の言葉“誠実動人、至誠泣神”をモットーとして日常診療に従事していきたいと考えています。
小野写真 整形外科 小野 剛史 (おの たけし)
整形外科全般を担当しています。整形外科という分野を通じて患者さんの「日常生活動作」の維持に努めることが、医師としての最大の目標です。この分野では骨折、打撲などの急性疾患と骨粗鬆症、頚部痛、肩痛、腰痛、膝痛、などの慢性疾患があります。保存的治療で限界を生じる場合は手術が必要となります。骨折に対しては広範囲に手術を行っています。腱板損傷では腱板縫合術、変形性膝関節では人工膝関節置換術、腰部脊柱管狭窄症では部分椎弓切除術を行っています。保存的治療にしても、手術的治療にしても、患者さんに満足していただける結果が出た時に医師としての本当のやりがいを感じます。
関写真 耳鼻いんこう科 関 博之 (せき ひろゆき)
耳鼻いんこう科は、首から上で、頭の中(脳神経外科)と眼球(眼科)と歯(歯科)以外はすべて耳鼻科領域として診察します。いつも診察・診療後、外来から帰られる患者さんが笑顔であるようにと心がけています。特に長く患っている方の症状がよくなった時に、医師としてのやりがいを感じています。必要であれば手術も行っています。
鼻から喉が原因で熟睡できない方もいらっしゃいます。日常生活において睡眠は大事な要素です。熟睡感がない、よく眠れない方も御相談下さい。
外科 北川 隆洋 (きたがわ たかひろ)
7月1日から、東京慈恵会医科大学より赴任しました。外科の外来診察や内視鏡などを担当します。よろしくお願い申し上げます。
内科 東谷 芳史 (ひがしだに よしふみ)
4月1日から、高知大学医学部付属病院光学医療診療部より参りました東谷です。大学では、主に消化管領域を担当しておりました。内視鏡を使った検査や治療を行っていました。そのほか、逆流性食道炎や胃十二指腸潰傷の治療や機能性胃腸症、炎症性腸疾患なども診察しておりました。これらの疾患でお困りの方は、お気軽にご相談ください。
小児科 倉繁 迪 (くらしげ みち)
子どもの発育は素晴らしいものです。見ている私が元気をもらっています。お子さんの病気のこと、育児のこと、何でも気軽に相談してください。一緒に考えていきましょう。