このコーナーでは、離乳食メニューとおやつメニューを紹介しています。

旬の食材を生かした、
赤ちゃんの月齢に応じた離乳食メニューの紹介

●おとなの料理から取り分けて、食べられる食材を展開しています。

赤ちゃんの頃からの食習慣は、大きくなってからの味覚や食事の好みに影響を与えます。将来の生活習慣病予防のためにも、離乳期から健康的な食生活をととのえていきましょう。

高知県は新鮮な食材が手に入りやすいので、ぜひ赤ちゃんに素材のもつ本来の味を覚えてもらいたいです。

赤ちゃんの成長には個人差がありますので、食欲や成長・発達の状況に応じて進めていきましょう。


おとなの料理から取り分けて作る「取り分け離乳食」にチャレンジ!!

鶏ささみの中華風ピリ辛そうめん

材料(2人分)
そうめん
2束
ささみ
1本
大さじ1
チンゲン菜
1株
赤パプリカ
1/4個
めんつゆ(ストレート)
大さじ8
豆板醤
小さじ1/2
(辛いのが好きな方はお好みの量を足してください)
すりおろししょうが
2cm
白ねぎ
2cm
作り方
  1. 白ねぎはみじん切りにし、☆と混ぜ合わせ、冷やしておく。
  2. ささみは耐熱皿に入れ、酒を振りかけてラップをする。
    電子レンジ(500W)で2〜3分加熱し、粗熱を取ってから手で細かく裂く。
  3. チンゲン菜は長さを4等分にしておく。
  4. Bをゆでて水気を絞る。赤パプリカは細切りにする。
  5. そうめんはゆでて、水でよくもみ洗いをしておく。水気を切り、器に盛る。
  6. ABCをDの上にのせ、@のつゆをかけてできあがり。

離乳食に麺を使う時のポイントを解説します
  1. 塩分・油分
    下ゆでをすることで余分な塩分・油分を抜くことができます。
    製品の成分表示を確認しましょう。
  2. 大きさ
    食べやすい大きさに切って、やわらかく煮てから与えましょう。
  3. アレルギー
    多くの麺類には小麦粉が使われています。まずは少量から与えて、様子を見ながら量を増やしていきましょう。
※離乳食の量は、あくまでも目安です。食欲や成長・発達状態に応じて調整しましょう。

ベビーフードだしを使う場合は、半包を100mlのお湯に溶かしてください。水分が蒸発するので、分量通りに作ると出来上がりの味が濃くなります。
初期5〜6か月ごろ(ゴックン期)

野菜のペースト

中期7〜8か月ごろ(モグモグ期)

そうめんのだし煮

後期9〜11か月(カミカミ期)

そうめんのだし煮

  • バックナンバー1
  • バックナンバー2
戻る