「第4期いの町障がい者計画・第7期いの町障がい福祉計画・第3期いの町障がい児福祉計画(案)」へのご意見に対する考え方について

意見概要

居住系サービスの見込においてサービス事業者の参入とありますが、高知県が謳う共生型サービスの普及のためにも、高齢と障害者の共生型入居施設の整備を本気で考えてみてはどうでしょうか。

障がいのある子を持つ親が認知症になったとしても同じグループホームで生活できるようになるほか、共用設備の整備費用が軽減され、サービス事業者としては参入がしやすくなり、グループホームの設置が促進されることが期待されます。

回答

富山県の認知症高齢者グループホームと障がい者グループホームの共生型サービスの事例を紹介いただきありがとうございます。今後、計画に基づく各取組を進めていき、地域や障がい者をとりまく現状と課題について、引き続き自立支援協議会などで、協議を行います。ご意見は運営の参考とさせていただきます。

意見概要

生活介護・放課後等デイサービス・施設入所は、以前より不足していると議論されています。

相談支援事業所も町外事業所への委託割合が多いですし、町外事業所への依存を少なくするためにも真剣に参入できる支援を行っていただきたい。

回答

次期計画において、令和6年度から令和8年度までの障がい福祉サービス利用の見込み量と確保の方策を定めたところです。町内に無い障がい福祉サービスについては、高知市内等の事業所での提供を見込んでいます。

引き続き、障がい者のニーズに応じたサービスの提供体制を確保していく必要があります。障がい福祉サービス提供事業者の町内への参入については、お話をうかがい、町として可能な支援をしていきます。ご意見は運営の参考とさせていただきます。


このページを印刷する
前のページ戻る

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

本庁:ほけん福祉課(すこやかセンター伊野内)

開庁日は、月曜日から金曜日(祝日および12月29日から1月3日を除く)です。
お電話でのお問い合わせは、午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。