見たいページを選んで下さい
このコーナーでは、離乳食メニューとおやつメニューを紹介しています。

旬の食材を生かして、
赤ちゃんの月齢に応じた離乳食メニューの紹介

●おとなの料理から取り分けて、食べられる食材を展開しています。

赤ちゃんの頃からの食習慣は、大きくなってからの味覚や食事の好みに影響を与えます。将来の生活習慣病予防のためにも、離乳期から健康的な食生活をととのえていきましょう。

高知県は新鮮な食材が手に入りやすいですので、ぜひ赤ちゃんに素材のもつ本来の味を覚えていただきたいです。

赤ちゃんの成長には個人差がありますので、食欲や成長・発達の状況に応じて進めていきましょう。


〜旬の食材〜
鮭の赤い色素には抗酸化作用があります。ビタミンD,B群も多く含むので、骨を強くしたり、肌荒れや貧血を予防してくれます。

鮭のミルク煮

材料(おとな4人分)
生鮭(切り身)
160g(2切れ)
少々
こしょう
少々
小麦粉
適量
バター
10g
じゃがいも
1個
ほうれん草
40g
しめじ
50g(1/2パック)
玉ねぎ
100g(1/2個)
200cc
牛乳
200cc
固形コンソメ
1/2個
小さじ1/4
こしょう
少々
作り方
  1. じゃがいもは皮をむき、1p幅のいちょう切りにする。玉ねぎは縦に1p幅に切る。しめじは石づきを取り、小房に分ける。
  2. 鍋に水を入れ加熱し、玉ねぎ、じゃがいも入れて煮る。
  3. ほうれん草は熱湯でやわらかくゆがき、根元は切って長さ4p位に切る。
  4. 鮭は皮を除き、一口大のそぎ切りにして両面に塩、こしょうを少々ふり、小麦粉を全体に薄くまぶす。
  5. フライパンにバターを入れて弱火で熱し、④を入れて両面をこんがり焼く。
  6. ②にコンソメを入れて溶かし、しめじ、牛乳も加えて煮る。最後に③と⑤を入れ、塩、こしょうで調味して、器に盛る。


※離乳食の量は、あくまでも目安です。食欲や成長・発達状態に応じて調整しましょう。
初期5〜6か月ごろ(ゴックン期)

野菜のペースト

中期7〜8か月ごろ(モグモグ期)

鮭とほうれん草のやわらかミルク煮

後期9〜11か月(カミカミ期)

鮭とほうれん草のミルク煮

  • バックナンバー1
  • バックナンバー2
戻る