見たいページを選んで下さい
このコーナーでは、離乳食メニューとおやつメニューを紹介しています。

旬の食材を生かして、
赤ちゃんの月齢に応じた離乳食メニューの紹介

●おとなの料理から取り分けて、食べられる食材を展開しています。

赤ちゃんの頃からの食習慣は、大きくなってからの味覚や食事の好みに影響を与えます。将来の生活習慣病予防のためにも、離乳期から健康的な食生活をととのえていきましょう。

高知県は新鮮な食材が手に入りやすいですので、ぜひ赤ちゃんに素材のもつ本来の味を覚えていただきたいです。

赤ちゃんの成長には個人差がありますので、食欲や成長・発達の状況に応じて進めていきましょう。


〜旬の食材〜
鮭の赤い色素には抗酸化作用があります。ビタミンD、B群も多く含むので、骨を強くしたり、肌荒れや貧血を予防してくれます。

焼鮭の南蛮漬け

材料(おとな2人分)
生鮭
160g(2切れ)
少々
こしょう
少々
片栗粉
大さじ1
サラダ油
小さじ1
玉ねぎ
100g(1/2個)
にんじん
30g(1/5個)
ピーマン
20g(小1個)
サラダ油
小さじ1/2
【 南蛮酢 】
50ml
20ml
砂糖
12g(小さじ4)
小さじ1/4
しょうゆ
小さじ1/2
作り方
  1. 鍋に南蛮酢の分量を合わして火にかけ、沸騰したら火を止めておく。
  2. にんじんは皮をむいてせん切りに、玉ねぎも皮をむいて縦薄切りにする。ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り除き、縦薄切りにする。
  3. フライパンにサラダ油を入れて熱し、にんじん、玉ねぎ、ピーマンの順に炒め、火が通ったら、①の南蛮酢の中に入れる。
  4. 鮭は皮を取り除き、1切れを3等分くらいに切り分けてから、塩とこしょうを少々ふって下味をつけた後、片栗粉を全体に薄くまぶす。
  5. フライパンに油を熱し、④の鮭を両面焼いて火を通す。焼けたら熱いうちに、①の南蛮酢に漬け込む。
    ※すぐ食べてもいいですが、数時間から半日程度漬け込むと味がしみ込んで、おいしくなりますよ。

☆だし汁を作りましょう
材料(でき上がり量500ml)
550ml
だし昆布
5g
かつお節
かつおパック4袋(10g)
作り方
  1. 昆布は、表面をふきんで軽く拭き、両端に切り込みを入れた後、分量の水を入れた鍋に30分くらいつけておく。
  2. 鍋にフタをせずに弱火にかけ、沸騰直前に取り出し、かつお節を加え、ひと煮立ちしたら火を止め、かつお節が沈んだらこす。(こしたかつお節は絞らないこと。)

※離乳食の量は、あくまでも目安です。食欲や成長・発達状態に応じて調整しましょう。
5〜6か月ごろ(ゴックン期)

野菜のペースト

7〜8か月ごろ(モグモグ期)

鮭と野菜のやわらか煮

9〜11か月ごろ(カミカミ期)

鮭の野菜あん煮

  • バックナンバー1
  • バックナンバー2
戻る