見たいページを選んで下さい
このコーナーでは、離乳食メニューとおやつメニューを紹介しています。

旬の食材を生かして、
赤ちゃんの月齢に応じた離乳食メニューの紹介

●おとなの料理から取り分けて、食べられる食材を展開しています。

赤ちゃんの頃からの食習慣は、大きくなってからの味覚や食事の好みに影響を与えます。将来の生活習慣病予防のためにも、離乳期から健康的な食生活をととのえていきましょう。

高知県は新鮮な食材が手に入りやすいですので、ぜひ赤ちゃんに素材のもつ本来の味を覚えていただきたいです。

赤ちゃんの成長には個人差がありますので、食欲や成長・発達の状況に応じて進めていきましょう。


〜旬の食材〜
にんじんに多く含まれるβ-カロテンは、粘膜や皮膚を丈夫にするため免疫力を高めます。また、抗酸化作用が強いため、肌がかさかさになるのを防ぎます。

肉豆腐

材料(おとな2人分)
木綿豆腐
150g
豚もも肉
100g
玉ねぎ
60g
にんじん
30g
えのき茸
40g
葉ねぎ
20g
だし汁
200ml
A
砂糖
小さじ1と1/2
うすくちしょうゆ
大さじ1と1/2
こいくちしょうゆ
小さじ1/2
みりん
大さじ1
大さじ1/2
作り方
  1. 豚肉は3〜4cm長さに切る。豆腐は横半分に切ってから1.5〜2cm幅に切る。
  2. 玉ねぎは皮をむいてから5〜8mm幅のくし型切りに、にんじんは皮をむいてから3〜4cm幅の短冊切りに、えのき茸は根元を切り落としてから2〜3等分に切る。葉ねぎは3〜4cmくらいの長さに切る。
  3. なべにだし汁を入れて②の玉ねぎ、にんじんを煮る。
  4. ③に①の豚肉を加え、再び煮立ったらあくを取り除く。
  5. ④にAの調味料と①の豆腐、②のえのき茸と葉ねぎを加えて、豆腐に火が通るまで弱めの中火で3〜4分煮る。

☆だし汁を作りましょう
材料(でき上がり量500ml)
550ml
だし昆布
5g
かつお節
かつおパック4袋(10g)
作り方
  1. 昆布は、表面をふきんで軽く拭き、両端に切り込みを入れた後、分量の水を入れた鍋に30分くらいつけておく。
  2. 鍋にフタをせずに弱火にかけ、沸騰直前に取り出し、かつお節を加え、ひと煮立ちしたら火を止め、かつお節が沈んだらこす。(こしたかつお節は絞らないこと。)

※離乳食の量は、あくまでも目安です。食欲や成長・発達状態に応じて調整しましょう。
5〜6か月ごろ(ゴックン期)

野菜のマッシュ

7〜8か月ごろ(モグモグ期)

豆腐と野菜のくずし煮

9〜11か月ごろ(カミカミ期)

肉豆腐風

  • バックナンバー1
  • バックナンバー2
戻る