保育園・幼稚園とは

保育園は児童福祉法に規定する児童福祉施設であり、幼稚園は学校教育法に基づく教育施設です。

保育園とは?

保育園は、保護者の委託を受け、保育に欠ける児童を、日々保護者にかわって保育することを目的とする児童福祉施設です。保育園に入園できる児童は、保育の実施基準により認められた場合に限ります。

〜保育の実施基準(いの町保育所条例施行規則第4条)〜

  1. 昼間に居宅外または居宅内で労働すること(日常の家事は除く)を常態とし、1ヶ月の労働時間が48時間以上であること。
  2. 妊娠中であるか、または出産後間がないこと。
  3. 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有していること。
  4. 同居の親族(長期間入院等をしている親族を含む。)を常時介護又は看護していること。
  5. 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。
  6. 求職活動を継続的に行っていること。
  7. その他前各号に類するものとして町長が認める事由に該当すること。
保育園を利用するためには「認定」を受ける必要があります

保育の実施基準に該当すると認められた場合は、下記の期間において保育利用認定となります。

事由 2号認定 3号認定
就労 小学校就学前まで(最長) 満3歳の誕生日の前々日まで(最長)
求職活動 利用開始日から90日を経過する日が属する月の末日まで
妊娠・出産 産後2ヶ月後の月末まで

※3号認定は、満3歳到達時に2号認定に変更されます。(手続き不要)

保育の必要量に応じ保育時間が認定されます

保育を必要とする時間の範囲内で、「保育標準時間(11時間利用)」または「保育短時間(8時間利用)」のいずれかの区分で認定されます。なお、就労時間が8時間に満たない場合でも、勤務形態により標準時間認定となる場合があります。

入所要件 保育必要量(利用可能時間数)
就労

保育標準時間
就労時間:1ヶ月120時間以上

保育短時間
就労時間:1ヶ月48時間以上120時間未満

妊娠・出産 状況に応じて保育標準時間・保育短時間に区分
疾病・障害 状況に応じて保育標準時間・保育短時間に区分
親族の介護 状況に応じて保育標準時間・保育短時間に区分
求職活動 保育短時間
育休取得中に既に保育を利用している子どもがいる場合 保育短時間

※保育短時間認定の方は8:00〜16:00の枠での利用となります。

幼稚園とは?

幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的としています。また、集団生活を通して幼児の発達段階に即した効果的な教育を行うため、幼稚園に入園することのできる年齢を満3歳からとしています。