いの町、いの町国民健康保険特定保健指導業務委託仕様書の本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>いの町国民健康保険特定保健指導業務委託仕様書

いの町国民健康保険特定保健指導業務委託仕様書

  • 本庁:ほけん福祉課(すこやかセンター伊野内)
  • hokenhukushi@town.ino.lg.jp
  • 088-893-3810

配布資料

1.業務内容

いの町国民健康保険における特定健康診査の結果に基づき、特定保健指導対象者に対し、厚生労働省健康局が示す「標準的な健診・保健指導プログラム【平成30年度版】」に沿って、対象者個々に応じた特定保健指導(動機づけ支援)を実施するとともに、参加者のマネジメントを行う。

2.実施場所

いの町の指定する場所 6ヶ所以内

3.対象者数

100名以内
※ただし、実施人数を保証するものではない

4.委託内容

(1)
初回面接の実施(平成30年9月末日までに実施)
  • オリエンテーションの開催後、参加者に対して、下記内容を含む20分以上の個別面接又は、80分以上のグループ面接を実施する。(1グループは8名以下とする。)
(ア)健診結果の説明
(イ)体重・腹囲の測定
(ウ)生活改善のための目標設定
(エ)利用教材(記録票等)の説明
(オ)目標達成に向けての具体的アドバイス(運動の実践や食生活の見直し等)
(カ)「特定保健指導支援計画及び実績報告」の作成
(2)
3ヵ月目中間評価の実施
  • 中間支援は、下記内容の実施・把握と、目標達成に向けての具体的アドバイス(運動の実践や食生活の見直し等)を行う。
(ア)体重・腹囲の測定結果
(イ)目標の実践状況(達成状況の確認、目標の修正)
(3)
6ヶ月目実績評価(平成31年3月末日までに実施)
  • 実績評価は、初回面接実施後6ヶ月を過ぎた日を目処に、下記内容の実施・把握と、生活習慣改善の取組継続に向けての具体的アドバイス(運動の実践や食生活の見直し等)を行う。
(ア)体重・腹囲の測定結果
(イ)生活習慣改善のための目標達成状況の確認
(ウ)「修了者アンケート」の実施
(4)
中断者の判断について
  • 特定保健指導利用者に対する支援の継続が困難となり、電話及び手紙等による3回以上の督促を行ったにもかかわらず、確認・連絡が取れない場合は、その督促の実施記録を保存し、いの町担当者に報告し中断するかどうか協議判断することとする。
  • 支援途中で糖尿病・高血圧・脂質異常症において服薬が始まった場合は、いの町担当者に報告し支援継続の判断を協議することとする。
  • 特定保健指導利用者に対する6ヶ月目実績評価に際し、電話及び手紙等による3回以上の督促を行ったにもかかわらず、連絡がとれず評価ができない場合は、督促の実施記録を保存し「6か月後の評価ができない場合の確認回数」の提出をもって終了とみなす。

5.提出物

(1)
特定保健指導支援計画及び実施報告[エクセルデータ形式]
(2)
アセスメントシート
(3)
その他(業務上、必要な書類又はデータ)
※受託者は委託者に対し、請求の都度(1)を提出することとする。 
※提出媒体は、特に指示がない場合は紙媒体とする。

6.安全管理

安全管理には十分に留意し、運動の実践等を行う場合には、運動制限がなされていないか等を確認すること。事故発生時に備え、緊急時対応のためのマニュアルを整備し、緊急時には速やかに対応できるよう連絡体制を整えておくこと。

7.留意点

本プロポーザルの提案課題は、「基本事項」と「特定テーマ」の2項目とする。
(1)
参加者からの提出物の内容は記入内容を確認し、漏れや誤りがあった場合は受託者が、責任をもって参加者に確認し、訂正すること。
(2)
事業実施期間中に発生する講師謝礼、会場使用料、指導ツール、郵送料(参加者からの返信を含む)等に係る経費は、受託者が負担すること。
(3)
事業を統括する医師もしくは保健師もしくは管理栄養士を配置すること。
(4)
参加者から受託者に連絡・相談ができる窓口を設けること。
(5)
実施の詳細については予め、いの町担当者と協議するとともに、事業遂行にあたって疑義が生じた場合、必ずいの町担当者と協議し、指示を受けて実施すること。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.