いの町、第13回「いの町 太陽が育む森」交流活動を行いましたの本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>第13回「いの町 太陽が育む森」交流活動を行いました

第13回「いの町 太陽が育む森」交流活動を行いました

  • 森林政策課(吾北総合支所内)
  • 088-867-2322
太陽石油(株)と町が締結した協働の森づくり事業パートナーズ協定に基づき、平成30年4月21日、清水程野地区にある「いの町 太陽が育む森」交流の森及びグリーン・パークほどの森林生態学習館とその周辺において、太陽石油(株)関係者の皆さん、高知中央森林組合、県及び町の職員、約75名が参加して交流活動を行いました。今回は、太陽石油(株)の新入社員の皆さんの研修も兼ねての交流活動となりました。

午前中は間伐体験を行いました。皆さん汗を流しながら、一生懸命手鋸を引いていました。

機械による枝打ち作業を見学しました。
普段見慣れない機械に、子ども達は興味津々です。

間伐体験のあとは、吾北地区農漁村女性グループ研究会による山菜をふんだんに使った田舎料理の昼食です。
皆さんがお代わりをたくさんしたので、あっという間になくなりました。





午後からは森林生態学習館とその周辺にて、バードウォッチング、森林教室、ネイチャーゲーム、木工教室、バウムクーヘン作りなどの体験学習を行いました。
森林教室及び木工教室、ネイチャーゲームでは、四国森林管理局の方々にご指導いただきました。

皆さん、普段訪れる機会の少ない森林での様々な体験を通して、新緑の程野を満喫されたのではないでしょうか。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.