いの町、日高村立日下小学校の3年生が程野の町有林で間伐体験などを行いましたの本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>日高村立日下小学校の3年生が程野の町有林で間伐体験などを行いました

日高村立日下小学校の3年生が程野の町有林で間伐体験などを行いました

  • 森林政策課(吾北総合支所内)
  • 088-867-2322
10月13日、日高村立日下小学校の3年生21名が、遠足で「グリーン・パークほどの」に来てくれました。
到着後、森林生態学習館で、森林のはたらきや、森林での作業などについて学んでもらいました。
みなさんからはたくさんの質問が出ました。
「特に大事な木は何の木か?」「森林生態学習館は何の木で建てられているのか?」「森林政策課はどんな仕事をしているのか?」などするどい質問が出てきました。
午後からは、いよいよ間伐体験です。
間伐をする町有林までしばらく山道を歩きます。
町有林に到着後、高知中央森林組合の職員が間伐の仕方の説明とお手本を見せます。
皆さん真剣な表情です。
さあ、間伐のスタートです。初めてとは思えない手つきで力いっぱいのこぎりを挽いています。
倒れたところからは、大きな歓声が上がりました。
そして、間伐後の森林には明るい光が差し込んでいるのを実感してもらえたと思います。
最後は、チェーンソー体験をしてもらいました。
のこぎりとは違い、あっという間に切れてしまうことにびっくりした様子でした。
切った円盤は持ち帰っていただきました。
みなさんからは、「木を切るのは初めてで、とても難しかった」という感想をいただきました。
今回の体験を通して、森林や林業への関心を少しでも持っていただけたらうれしいです。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.