いの町、第7回「土佐料理 司 鮎を育む森」交流活動を行いましたの本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>第7回「土佐料理 司 鮎を育む森」交流活動を行いました

第7回「土佐料理 司 鮎を育む森」交流活動を行いました

  • 森林政策課(吾北総合支所内)
  • 088-867-2322

(株)加寿翁コーポレーションと町が締結した協働の森づくり事業パートナーズ協定に基づき、平成28年10月24日、成山地区にある「土佐料理 司 鮎を育む森」において、交流活動を行いました。


最初に、高知中央森林組合の指導により、ヒノキ林の間伐を行いました。
使い慣れないノコギリでの作業でしたが、交代しながら2本の木を伐り倒しました。
間近で木が倒れていく様子は、とても迫力があり、自然に拍手と歓声があがりました。


伐り倒した木を利用し、チェーンソーで丸太切りにも挑戦しました。
チェーンソーの大きな音に最初はとまどった様子でしたが、皆さん上手に輪切りにすることができました。


午後からは、2つのグループに分かれて、1つ目のグループは仁淀川でカヌー体験を行い「奇跡の清流」仁淀川を体感しました。



もう1つのグループは、土佐和紙工芸村で、紙漉と木工を体験しました。
紙漉では、花や木の葉などをちらした自分だけのオリジナルのハガキを、作成しました。


いの町の森林と、仁淀川を満喫していただいた、素敵な秋の一日となりました。


※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.