いの町、第11回「いの町 太陽が育む森」交流活動を行いましたの本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>第11回「いの町 太陽が育む森」交流活動を行いました

第11回「いの町 太陽が育む森」交流活動を行いました

  • 森林政策課(吾北総合支所内)
  • 088-867-2322

太陽石油(株)と町が締結した協働の森づくり事業パートナーズ協定に基づき、平成28年11月26日、清水程野地区にある「グリーン・パークほどの」内の町有林と森林生態学習館において、太陽石油(株)関係者の皆さんや、高知県及び町の職員、約60名が参加して交流活動を行いました。






午前中は、高知中央森林組合の指導により、スギ・ヒノキ林の間伐を行いました。場所によっては急な斜面での作業になることもあり、のこぎりが上手く引けなかったり、他の木に引っかかってなかなか倒れない木があったりと、林業の大変さを実感していただけた間伐となりました。




昼食は、毎年好評の吾北地区農漁村女性グループ研究会による創作田舎料理を堪能しました。
テーブルには色とりどりのお料理が並びます。
これがまたおいしいのです。
中には何度もおかわりする方もいました。




午後からは4つのグループに分かれて、チョコバウムクーヘン作り・クリスマスリース作り・バードカービング・トレッキングを行いました。
チョコバームクーヘン作りでは、最後のチョコレートをかけることが待ちきれません。




今回新たにクリスマスリース作り・バードカービングを実施しました。クリスマスリース作りでは、世界に1つだけのオリジナルリースを作りました。可愛らしいリースの出来栄えに自然と笑顔が溢れていました。



バードカービングでは、講師の方のユーモアあふれる説明を受けながら、途中、竹笛の吹き方も教わり、みんなで一緒に演奏しました。


トレッキングでは、たくさんの緑に囲まれて森林浴を楽しむことができ、目的地の西滝では清清しい一時に浸りました。


自然いっぱいの程野で楽しさがいっぱいに広がった1日になりました。


※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.