いの町、国際公共政策研究センターが当町の林業家を視察しましたの本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>国際公共政策研究センターが当町の林業家を視察しました

国際公共政策研究センターが当町の林業家を視察しました

  • 森林政策課(吾北総合支所内)
  • 088-867-2322

5月29日、国際公共政策研究センター(田中直毅理事長)の地域再生研究会(座長 隅修三 東京海上日動火災保険会長)のメンバー17名がいの町清水地区を訪問されました。

国際公共政策研究センターでは、地域の産業振興と雇用の創造につながり、地域経済の循環が持続可能となるような、地域再生に資する取組を行っており、今回、当地区において、家族経営により積極的に森林整備を実施している林業家を視察しました。



梅雨入り前の晴天の下、まず町森林政策課担当職員から町の森林整備の取組概要の説明後、林業家による伐採木の搬出作業が行われました。







その後、山間地域における林業経営の課題などについて活発な意見交換が行われました。






国際公共政策研究センターでは、今後、今回の視察内容などを踏まえ、地域再生の背景や対策について論議を行い提言書を作成するとともに、シンポジウムを開催する予定とのことです。


※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.