いの町、町の間伐事業などの支援制度についての本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>町の間伐事業などの支援制度について

町の間伐事業などの支援制度について

  • 森林政策課(吾北総合支所内)
  • 088-867-2322
「仁淀川」山の手入れで元気モリモリ事業
「吉野川」水源の森整備事業
いの町森林(もり)づくり交付金事業

事業区分 補助要件など 補助率
保育間伐
  • 対象林齢:11年生〜60年生の人工林
    (除伐の場合は11年生〜25年生)
  • 本数間伐率おおむね30%、除伐
県標準単価に森林保険加入に要した代金相当額を加えた額
搬出間伐
  • 対象林齢:31年生〜60年生の人工林
  • 本数間伐率おおむね30%
  • 原則、伐採木の80%以上かつ、材積1ha当たり40m³以上を搬出
搬出材積に応じた額と県標準単価を比較し高い額
森林作業道整備 開設
  • 間伐材の搬出など林業経営のため必要な森林作業道の開設
1m当たり1,500円〜4,000円
国庫事業を活用した場合は国・県補助残の1/2以内
作業
ポイント
  • 森林作業道の開設と併せて行う作業ポイントの整備
1箇所当たり55,000円〜82,500円
路面整備
  • 間伐材の搬出など林業経営のため必要な森林作業道の路面整備
1m当たり200円〜500円
路面改良
  • 間伐材の搬出など林業経営のため必要な森林作業道の路面改良(コンクリートによる簡易舗装)
  • 森林経営計画に基づく路線
1m当たり2,200円〜2,650円
除草
  • 間伐材の搬出など林業経営のため必要な森林作業道の除草
1㎡当たり30円
災害復旧
  • 台風、集中豪雨などの災害により破損した森林作業道の復旧
1箇所当たり事業費の90%以内、かつ、上限500,000円。ただし、国・県補助額を差し引いた額。
広葉樹樹下植栽
  • 間伐実施後などの人工林において植栽した広葉樹の苗木代
1本当たり500円(消費税込)以内
人工造林(再造林)

付帯施設等整備
(鳥獣害防止施設等整備)
  • 優良な人工林の造成を目的にして行う地拵え、植栽など
  • 造林事業での採択を受けた箇所
県標準単価の10%〜22%以内
※造林事業などの補助率とあわせると最大で100%となります。
下刈り
  • 優良な人工林の造成を目的にして行う下刈り
  • 対象林齢:1年生〜3年生の人工林
  • 造林事業での採択を受けた箇所
県標準単価の10%以内
枝打ち
  • 優良な人工林の造成を目的にして行う枝打ち
  • 対象林齢:11年生〜30年生の人工林
  • 造林事業での採択を受けた箇所
県標準単価の10%以内
竹林改良
  • 隣接する人工林の生育に影響を及ぼしている、又は影響を及ぼす可能性が高いと認められる放置竹林の伐採(皆伐)から植栽、下刈り
県標準単価及び町が定める標準単価の100%以内
  • ※補助事業の詳細については別途、お問い合わせください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.