いの町、森林の立木を伐採するときには届出が必要ですの本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>森林の立木を伐採するときには届出が必要です

森林の立木を伐採するときには届出が必要です

  • 森林政策課(吾北総合支所内)
  • 088-867-2322
  • 本庁:産業経済課
  • 088-893-1115
  • 本川総合支所:産業建設課
  • 088-869-2115

1.伐採及び伐採後の造林の届出制度とは

森林は、林産物の供給、水源の涵養、山地災害の防止等の多面的な機能があり、私たちの生活にたくさんの恩恵をもたらしています。これら森林の持っている多面的な機能を高度に発揮させるための適正な森林施業を確保する観点から、森林の伐採及び伐採後の造林が、市町村森林整備計画に適合して適切に行われているかを確認するために、森林法の規定に基づき、事前に届出していただくものです。

2.対象となる森林

保安林などを除く民有林。(地域森林計画の対象森林)
保安林については、県への伐採許可申請などが必要となります。

3.手続き方法など

伐採前の手続き

(1)届出対象者
森林所有者や立木を買い受けた方など、立木の伐採について権限を有する方となります。
  • ①自分で、あるいは請負によって伐採する場合は、森林所有者
  • ②伐採業者などが森林所有者から立木を買い受けて伐採する場合は、森林所有者と買い受け人の連名
(2)届出期間
伐採を始める90日から30日前までに伐採する森林がある市町村長に届出をしてください。
(3)届出様式

伐採後の手続き ※皆伐の場合のみ

平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の届出を行った方は、伐採後の造林が終わった日、あるいは伐採が終わった日から30日以内に、伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告が必要になりました。
(1)報告対象者
森林所有者や森林を管理している方など、伐採後の造林について権原を有する方となります。
  • ①自分で、あるいは請負によって造林する場合は、森林所有者
  • ②伐採をした方と伐採後の造林をした方が異なる場合は、森林所有者あるいは森林所有者と伐採をした方の連名
(2)報告期間
  • ①人工造林の場合は植栽完了の日から、天然更新の場合は天然更新完了の日からそれぞれ30日以内に提出
  • ②伐採後に森林以外に転用する場合は、伐採完了後、30日以内に提出
(3)届出様式

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.