いの町、平成30年度いの町国民健康保険保健指導事業電話受診勧奨委託業務プロポーザル実施要領の本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>平成30年度いの町国民健康保険保健指導事業電話受診勧奨委託業務プロポーザル実施要領

平成30年度いの町国民健康保険保健指導事業電話受診勧奨委託業務プロポーザル実施要領

  • 本庁:ほけん福祉課(すこやかセンター伊野内)
  • hokenhukushi@town.ino.lg.jp
  • 088-893-3810

配布資料

1.事業の概要

(1)
事業名
平成30年度いの町国民健康保険保健指導事業電話受診勧奨委託業務
(2)
目的
本町の平成29年度の特定健診受診率は45.4%(速報値)であり、第3期特定健康診査実施計画における目標値の60%を達成するためにはさらなる取り組みの強化が必要である。
本事業は、「平成30年度国民健康保険調整交付金(保健事業分)交付要領(平成30年4月11日付、厚生労働省発保0411第2号 厚生労働省保険局国民健康保険課長通知)」における「(B)国保保健指導事業(1)−(a)特定健診未受診者対策」について電話による受診勧奨を実施し、特定健診受診者の増加を目指す。
(3)
事業内容
別添 「平成30年度いの町国民健康保険保健指導事業電話受診勧奨委託業務仕様書」(PDF形式95KB)のとおり
(4)
委託期間
委託契約締結日から平成31年1月31日

2.見積限度額

1,674千円(消費税を含む。)を上限とする。

3.参加資格要件

次の要件を満たす者とする。なお、参加者が資格要件を満たさなくなった場合は、その時点で失格とする。
(1)
地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定に該当しない者であること。
(2)
破産法(平成16年法律第75号)に基づく破産手続開始の申立て、会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく会社更生手続開始の申立て、特定債務等の促進のための特別調停に関する法律(平成11年法律第158号)に基づく特定債務等の調整に係る調定の申立て又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立てのいずれも行っていない者であること。
(3)
会社法(平成17年法律第86号)に基づく清算の開始又は破産法(平成16年法律第75号)に基づく破産の申立てがなされている者でないこと。
(4)
プロポーザル方式により受託候補者を決定しようとする業務(以下「該当業務」という。)の実施年度において、いの町一般競争(指名競争)入札参加資格(役務の提供)(以下「競争入札参加資格」という。)を有している者であること。
(5)
いの町建設工事入札参加資格停止措置要綱又は指名回避措置基準要領に基づき資格停止等の措置を受けていない者であること。
(6)
いの町の事務及び事業における暴力団の排除に関する規則第2条第2項第5号に掲げる排除措置対象者に該当しない者であること。
2 参加者は、受託候補者決定までの間に前各項に定める参加資格の要件を満たさなくなった場合は、その参加資格を失うものとする。
  • 参加表明書等の提出期限の日から契約締結までの間に、(3)に該当した時、又はいの町から指名停止等の措置を受けた時は、参加資格を喪失するものとする。

4.参加方法(提出書類、提出期限、提出場所及び提出方法)

(1)
提出書類
以下に掲げる書類を提出するものとし、指定なきものはA4サイズの任意様式とする。
提出書類 部数 備考
  1. 参加表明書 1部 別紙様式第1号による
  2. 他の自治体で同様の事業受託実績 6部 業務名、実施年、発注者、業務概要を記載すること
  3. 提案書 6部 ・仕様書に基づく事業の具体的な実施手法
    ・事業スケジュール
    ・国民健康保険保健指導事業の実績
    ・その他PR事項等
  4. 個人情報に関する社内規定書類または
    第三者認定認証書類 6部 複写可
  5. 事業所概要 6部 事業所パンフレットでも可
  6. 見積書 1部・本事業実施に係る見積書
(2)
提出期限
平成30年8月17日(金)午後5時まで
(3)
提出先
所在地:〒781-2192 吾川郡いの町1400番地
いの町役場 ほけん福祉課(担当:中岡)
電話:088−893−3811  FAX:088−893−1101
電子メール:hokenhukushi@town.ino.lg.jp
(4)
提出方法
提出書類を郵送又は持参
  • 郵送の場合は、提出期限必着とする。
  • 持参の場合は、平日午前8時30分〜午後5時のみ受け付ける。

5.提案の審査方法

企画提案書等の審査は、町が設置する「平成30年度いの町国民健康保険保健指導事業電話受診勧奨委託業務プロポーザル審査委員会」が以下の審査項目に基づき、提案書による書類審査を行い受託予定者を決定する。ただし、書類審査で評価が分かれた場合には、プレゼンテーションを実施する。
なお、書類審査は以下の5名で実施する。
  1. 町民課長
  2. 町民課長補佐(戸籍住基・保険医療担当)
  3. 町民課保険医療係長
  4. ほけん福祉課長
  5. ほけん福祉課長補佐(ほけん担当)
審査項目 評価事項 採点割合
業務実績 国民健康保険保健指導事業の業務実績、受託体制 15/100
企画提案書 業務に対する技術力、意欲
提案の独創性、的確性及び実現性
期待できる事業(受診率向上)効果
70/100
個人情報保護 第三者における認定・認証の有無 15/100

6.事業者選定及び審査結果

(1)
事業者の選定は、提出書類に基づき、企画内容、受託体制、業務実績、金額等を総合的に評価し決定する。審査結果は、平成30年8月下旬を予定とし参加を表明したすべての業者に文書で通知する。
(2)
審査後、選定者と提案書等の内容をもとに、業務の遂行に必要な具体的な履行条件等の交渉を行う。この交渉が不調の時は次点者と交渉するものとする。

7.本件に関する問合せ等

プロポーザルや提出書類等について不明な点があれば、電子メール又はFAXで受付を行う。質問内容及び回答については、すべての参加事業者に対して通知する。
問合期限  平成30年8月10日(金)午後5時まで
回答日  平成30年8月14日(火)を期限として回答

8.留意事項

(1)
提案書等の提出書類が期限までに提出されなかった場合は、いかなる場合においても提案書を受理することはできない。
(2)
予算規模の上限額を超えた見積額を提示した企画提案は、審査対象から除外する。
(3)
提案書等の提出書類の作成に係る費用については、提出者の負担とし参加報酬(報償費)等は支払わない。
(4)
提出された提案書等は返却しない。
(5)
提出された提案書は必要に応じて複写(町民課及びほけん福祉課担当職員に限る。)する。
(6)
提出期限以降の提案書類等の差替え及び再提出は認めない。
(7)
提案書等の提出書類は、いの町情報公開条例に基づく開示請求があった場合には対象文書として原則開示することとなる。なお、事業を営むうえで、競争上又は事業運営上の地位その他正当な利益を害すると認められる情報は、同条例第6条第1項第3号の規定により非開示となるので、提出書類の該当部分と非開示とする具体的な理由を様式第2号に記入し提出すること。開示、非開示の判断は、様式第2号により提出された具体的な理由を参考に、同条例に基づき町が客観的に判断することとする。
(8)
提出された書類等の記載事項が虚偽であることが判明した場合、その時点で失格とする。
(9)
参加業者が複数でない場合においても、提出書類からその内容及び能力について検討し、業務委託実施を行うかを判断する。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.