いの町、いの町第2次振興計画策定についての本文へ
暮らしの情報
トップページ暮らしの情報>いの町第2次振興計画策定について

いの町第2次振興計画策定について

  • 本庁:総務課
  • soumu@town.ino.lg.jp
  • 088-893-1113

いの町第1次振興計画が平成26年度で最終年度となることから、平成27年度を初年度とし、平成36年度を目標とする「いの町第2次振興計画」が策定されました。

この「いの町第2次振興計画」は、「いの町第1次振興計画」を継承し、少子高齢化社会の進行、人口減少社会への対応、大規模な自然災害への対応、厳しさを増す地方財政への対応といった本町を取り巻く社会情勢を踏まえて、目指すべき将来像とそれを実現するための指針となる総合計画であり、本町の最上位計画として位置づけられています。


1.「基本構想」(総合計画)

本町の目指すべき将来像とそれを実現するための基本理念や施策の方向性を示すもので、計画全体の土台となるものです。

計画期間

平成27年度を初年度とし、平成36年度を目標年次とする10年間を計画期間とします。


2.基本計画

基本構想を受け、各行政分野における具体的な施策や事業を示すものです。社会経済情勢の変化等に的確に対応するため、計画期間を前期と後期に分けて策定します。

計画期間

平成27年度を初年度とし、平成31年度までを前期計画、平成32年度から平成36年度までを後期計画とします。


3.実施計画

基本計画に基づき、主要な事業の内容、事業量、実施スケジュールを示すもので、基本計画に定めた事業の優先度を定め、財政面や事業面等で実効性を持たせるものです。進捗状況を踏まえて、毎年度見直しを行います。

計画期間

平成27年度から平成29年度までの3か年間とし、毎年度向こう3年を期間とするローリング(見直し)方式で策定します。

平成26年7月18日にいの町振興計画審議会条例に基づく審議会に諮問し、平成26年11月21日付けで答申を受けました。

答申を受けた後、いの町第2次基本構想をいの町議会平成26年第4回定例会にて、地方自治法第96条第2項の規定による議会の議決すべき事件を定める条例第2条の規定に基づき、議会の議決を求め、平成26年12月18日、議決されました。


いの町振興計画審議会

いの町振興計画審議会条例に基づく審議会を設置しました。

委員構成(順不同、敬称略)

区分 委員氏名
公共的団体の役員または職員 近澤 隆志・西内 コ幸・羽根田 修
松浦 喜美夫・片岡 卓宏・土居  貫
青木  進・岡林 瑞子・松原 恒良
田岡  徹・川村 隆通
行政機関の職員 筒井 正典(副会長)・藤岡 孝雄
山岡  寛
識見を有する者(公募・推薦) 宮上 知史・筒井 征子
松本 健市(会長)
識見を有する者(その他) 楠本 光春・小森 万里
和田 奨四郎

審議会等の開催状況

開催日等 内容
平成26年7月18日 第1回審議会開催 計画素案を諮問
平成26年7月31日 第2回審議会開催
平成26年8月21日 第3回審議会開催
平成26年8月28日 第4回審議会開催
平成26年9月25日 第5回審議会開催
平成26年10月9日 第6回審議会開催 町長に中間報告をする
平成26年10月17日〜平成26年11月17日 住民への意見募集
平成26年11月20日 第7回審議会開催 町長に答申

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.