いの町、町指定文化財、トウセンダンの本文へ
観光情報
トップページ観光情報町指定文化財

町指定文化財


トウセンダン


所在地
いの町小野
所有者
吉良 義彦
員数
1
指定日
昭和48(1973)年11月30日
滅失日
昭和50(1975)年8月17日
滅失を知った日
昭和50年8月20日
届出日
平成7(1995)年8月17日
解除日
平成8(1996)年1月29日

(以下、「伊野町の文化財」冊子から抜粋。発行時不明だが昭和49年〜50年頃と思われる) 『江戸時代中国から渡来した薬用植物。樹幹周囲約1.0m、樹高約8.0mで樹齢は70年位と推定される。葉が茂るので風に弱く、結実までに相当の年数を要するが環境が良いのかよく結実する。センダンの珍品種である。』


昭和48年12月に指定されていましたが、昭和50(1975)年8月17日の台風5号による集中豪雨で小野川の増水による土石流によって、幹のほとんどが折れ流出しました。以後、トウセンダンの萌芽のきざしも無く枯死いたしました。これにより、トウセンダンは滅失しましたので、文化財の指定解除となりました。


 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.