いの町、、町指定文化財、伊野町枝川2号古墳付一括出土遺物の本文へ
観光情報
トップページ観光情報町指定文化財

町指定文化財


伊野町枝川いのちょうえだがわ2ごう古墳付こふんつき一括いっかつ出土しゅつど遺物いぶつ
取材地
いの町枝川
所有者
(古墳)野中要 /(遺物)いの町
員数
1
指定日
昭和48(1973)年6月28日

2号古墳は、旧枝川小学校跡のすぐうしろ、50.0mの地点にあります。1号、2号、3号、共に小高い丘の南向きにあり、非常に位置が接近して、その他の所には全く古墳がないのは、今後の調査、研究に待たなければならない問題でしょう。

石室は1号、3号と同じく珪質砂岩で造られ、かなりの人数と歳月を要したと推定され、勢力のあった古代の家父長的家族の長が築造したのでしょう。

玄室の長さは3.3m、幅は最大部で2.0m、玄関から玄室の中央部でやや広がっており、奥はやや狭くなっています。羨道は長さ2.8m、幅1.3m、天井までの高さは1.2mで、床には河原の石が敷いてあったといわれています。

今までに何回となく盗掘された形跡があり、期待されたほど出土品はありませんでしたが、須恵器5点(蓋2、杯2、高杯口縁部1)と鉄のやじり1点が出ています。


 

Copyright(C) INO TOWN All Rights Reserved.