いの町過疎地域持続的発展計画策定について

町の過疎地域における持続的発展のために講じようとする基本的措置の内容を定めた、「いの町過疎地域持続的発展計画」を策定しました。

過疎地域自立促進特別措置法が、令和3年3月31日で期限を迎えたことから、対象期間を令和3年度から令和12年度とする、総合的かつ計画的な対策を実施するために新たな法律「過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法」が制定されました。

同法の制定に伴い、県が定める過疎地域持続的発展方針に基づき構成されています。

今回新たに記載事項として、持続的発展に関する目標、計画の達成状況の評価に関する事項、産業振興促進事項、公共施設等の総合的かつ計画的な管理に関する計画との整合が追加されました。

策定にあたり、令和3年7月に県と協議、同月パブリックコメントを実施し、住民の皆さまへご意見を募集しました。その後、同年9月にいの町議会にて議決されました。

今後は、過疎地域における持続的発展の実現に向けて、PDCAサイクルを徹底し、点検・修正を行っていきます。

いの町過疎地域持続的発展計画(PDF形式)


このページを印刷する
前のページ戻る

このページに記載されている内容についてのお問い合わせ

総合政策課 本庁3階

開庁日は、月曜日から金曜日(祝日および12月29日から1月3日を除く)です。
お電話でのお問い合わせは、午前8時30分から午後5時15分までの間にお願いします。